帯状疱疹ワクチンの接種を承っています。2種類の違いを解説します。

当院の新型コロナウイルス感染対策について

帯状疱疹ワクチンが2020年3月1日より開始となり、当院でもご希望の患者さんに随時行っています。

今回は、2種類ある帯状疱疹ワクチンについて、お伝えしていきます。

帯状疱疹とは?

水ぶくれを伴う発疹が、体や顔の左右どちらかに、帯状に現れます。

50歳以上で発症率が高くなり、80歳までに3人に1人が帯状疱疹になるといわれています。

この発疹には痛みがあり、約2割の人は、治療後数か月から数年以上、帯状疱疹後神経痛という、辛い痛みが続く病気になる可能性があります。

くわしくはこちらの帯状疱疹の解説記事をご覧ください。

帯状疱疹の症状・治療方法は?

帯状疱疹ワクチンとは?

上記の帯状疱疹の発症予防、また、帯状疱疹後神経痛を予防するためのワクチンです。

効果や値段の違いによって2種類あり、それぞれの特徴を下記の表にまとめました。

  シングリックス® 水痘ワクチン
対象者 名古屋市に住民票のある、満50歳以上の方
帯状疱疹発症予防効果 90~98% 51%
帯状疱疹後神経痛予防 85~100% 66%
回数 2回 1回
公費助成後の自己負担額 10,800円(税込)×2 4,200円(税込)
通常価格(当院) 22,000円(税込) 8,000円(税込)

上記のように、シングリックスは水痘ワクチンより料金は高いですが、予防効果が非常に高いです。

ただし、副反応として、接種後数日から1週間程度、接種部位が強く痛むことがあり、また2回の接種が必要となります。

帯状疱疹ワクチンをご希望の場合は

予約でのみ承っております。

ご希望の方はお電話にてお申し込みください。(WEB予約は承っておりません)

お電話での受付はこちらから

筆者プロフィール

院長:田島光浩

平成19年 信州大学医学部卒業卒後臨床研修の後、平成21年より名古屋大学総合診療科後期研修プログラム(日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医後期研修認定プログラム)にて後期研修を行う。 その間、名古屋大学総合診療科、愛知県がんセンター愛知病院緩和ケア内科、名古屋掖済会病院小児科、名古屋医療センター総合内科などで勤務。平成25年日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医・指導医取得。

PAGE TOP