大豆アレルギーの症状や診断方法は?

当院の新型コロナウイルス感染対策について

大豆は豆腐や納豆、豆乳、あるいは乳化剤や醤油として利用される、日本の食文化にとって中心的な食物といえます。

そのため、大豆アレルギーのある乳幼児が完全除去を行うことは、ご本人や家族の生活において負担が大きいものです。

本当に大豆アレルギーであるのか、除去が必要なのか、慎重に判断する必要があります。

大豆アレルギーで起こる症状

大豆のアレルギー症状は、大きく2種類あります。

一つは小児に認められやすい、即時型アレルギーやアトピー性皮膚炎です。

食物アレルギーは、典型的には摂取後1時間以内に症状が出ますが、ときおり数時間後に症状が出ることがあります。

蕁麻疹などの皮膚症状の出現率が約9割と最も多く、次いでのどのかゆみや呼吸苦、喘鳴といった呼吸器症状が約3割と続きます。

その他、嘔吐や下痢などの消化器症状、頭痛や意識障害といった神経症状、血圧低下や蒼白といった循環器症状などが現れることがあります。

次に、シラカバ花粉と共通する抗原(Gly m 4)が大豆にあるために生じる、口腔アレルギー症候群があります。

大豆にアレルギーがなくてもシラカバ花粉にアレルギーがあることで、大豆を食べた直後から、口唇や舌、のどの痒みや刺激(チクチク、イガイガ)といった症状が現れます。

特に豆乳は加工食品であるものの、抗原であるGly m 4が多く残存し、また液体のため口腔や咽頭粘膜に接する時間が長くなり、アナフィラキシーが誘発された報告もあります。

大豆アレルギーの診断方法

症状・経過を詳しくお聞きし、大豆アレルギーの可能性を検討し、その上で検査をするかどうか判断します。

当院では採血によるアレルギー検査(特異的IgE抗体等の測定)を行っています。

ただ、大豆の特異的IgE抗体の診断精度は高くなく、特異的IgE抗体価が高くても、大豆摂取が可能な場合も多くあります。

そのため、症状・経過をしっかりお聞きすることが重要ですし、食物経口負荷試験による確定診断が必要になる場合もあります。

大豆アレルギーを治すことはできますか?

大豆アレルギーは耐性化率が高く、3歳までに約8割が耐性獲得するといわれています。

ただし、過中のアレルギー検査の値(特異的IgE抗体値)のピークが高いほど、耐性化率が低くなります。

大豆アレルギーを疑われるお子さまをお持ちの方はぜひ一度当院までご相談ください。

初診・再診とも、WEB予約、またはお電話で受付を行っております。

WEB予約はこちらから

お電話での受付はこちらから

筆者プロフィール

院長:田島光浩

平成19年 信州大学医学部卒業卒後臨床研修の後、平成21年より名古屋大学総合診療科後期研修プログラム(日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医後期研修認定プログラム)にて後期研修を行う。 その間、名古屋大学総合診療科、愛知県がんセンター愛知病院緩和ケア内科、名古屋掖済会病院小児科、名古屋医療センター総合内科などで勤務。平成25年日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医・指導医取得。

PAGE TOP