花粉症とアレルギー性鼻炎 自己対策のポイントと病院での診療は?

花粉症はアレルギー性鼻炎のうちの一つです。スギ花粉症が有名ですが、アレルギー性鼻炎の原因には他にもたくさんのものがあります。

非常に多い病気ですが、しばしば風邪などと間違いやすい症状があります。

ここではアレルギー性鼻炎の基本的なメカニズムやその原因、また具体的な症状や風邪との違いについてお伝えし、セルフケアから診察の流れまでを解説します。

花粉症になってしまうメカニズムとなりやすい人

花粉症は、花粉によるアレルギー反応(花粉が体の中に入ってくると異物として認識して攻撃する仕組み)により、くしゃみや鼻水、鼻詰まりといった症状が現れます。

アレルギーが起こってしまう異物のことを総称して、アレルゲンといいますが、アレルゲンがあれば必ずアレルギーの症状が現れるかというと、そうではありません。

アレルゲンは採血などで確認することができますが、ある特定のアレルゲンが陽性だとしても、それはあくまで「感作」されているということを表しているだけです。

感作とは、体がアレルゲンを認識し、来るべき免疫反応のために備えている状態をいいます。

この感作から実際に症状が現れるまでの原因については、複合的でまだ十分解明されていません。

しかしIgE抗体という、アレルゲンに反応して産生される免疫グロブリンの素因が最も重視されています。

さらに、アレルギーにならない遺伝的素因の存在も指摘されています。

主な原因について

アレルギー性鼻炎を持つ人は増えており、全国での有病率は、1998年には29.8%でしたが、2008年には39.4%になりました。

この中でスギ花粉症の増加が目立ち、1998年には有病率16.2%でしたが、2008年には26.5%になりました。背景としては次のことが指摘されています。

戦後、全国の山林でスギが広く植林されました。1960年代頃から手入れが疎かとなった結果、多くが花粉生産能力の高い30年以上の樹齢となり、1995年以降、花粉の飛ぶ量が増えています。

2月頃から春先までスギ花粉の飛ぶ量が多いと、スギ花粉症を発症しやすくなり、さらには若い世代でも発症するようになってきています。スギ花粉症は自然に改善する(寛解する)ことが少ないため、有病率の増加につながりました。

スギの他にもたくさんアレルゲンはありますが、例えば以下のようなものがあります。

  • ハウスダスト
  • ダニ
  • 動物(ネコ、イヌ)
  • イネ科(カモガヤ、オオアワガエリなど)※春から秋にかけて
  • キク科(ブタクサ、ヨモギなど)※夏から秋にかけて

アレルギー性鼻炎の症状とは?風邪との違いは何?

花粉症を初めとしたアレルギー性鼻炎の症状には様々なものがあります。

よくある症状としては、鼻水やくしゃみ、鼻詰まり、鼻のむずがゆさが挙げられます。花粉症をお持ちの方はどれも経験したことがある症状ばかりだと思います。

その他の症状としては、後鼻漏(鼻水がのどの奥に垂れる症状)や、後鼻漏によって生じる咳、口蓋(口の中の上側の部分)の痒みや内耳(耳の最深部)のかゆみがあります。

さらに同時にアレルギー性結膜炎が発症していれば、両眼のかゆみ、涙、眼の灼熱感を伴うこともあります。

しばしば、風邪なのか花粉症なのかよくわからない、と訴え来院される患者さんがいらっしゃいます。
確かに風邪の初期にもくしゃみや鼻水、鼻詰まりがあります。しかし数日で鼻水は粘っこく濃いものになり、1~2週間で治ります。

また、鼻のむずがゆさや眼の痒みはアレルギー性の症状が疑わしく、発熱や節々の痛み、のどの痛みはより風邪らしい症状と言えます。

自分でできる対策方法は?

ここではアレルギー性鼻炎全般に対する予防策についてお伝えしていきます。

花粉対策

花粉の飛散が多い時の外出を控え、外出時にはマスク、メガネを使うと良いです。

そして、表面が毛ば立った服の使用は避け、帰宅時、衣服や髪をよく払ってから入室し、洗顔、うがいをし、鼻をかむと良いです。

花粉の飛散の多い時は窓や戸を閉め、換気時の窓は小さく開け、短時間にとどめるのが良いでしょう。

また、飛散の多い時のふとんや洗濯物の外干しは避け、窓際を念入りに掃除するのも良いでしょう。

ダニ対策

ダニ(チリダニ)は室温25%前後、湿度75%前後が最も繁殖しやすいのが特徴です。

そのため、部屋の環境を整え、繁殖しにくい状態にすることが大事です。具体的には

  • 部屋の湿度を50%に調整する
  • 布張りのソファー、カーペット、畳はできるだけやめる
  • ふとん、枕にダニを通さないカバーをかける

さらに日常の作業として次のようなことを行いましょう。

  • 掃除機がけ

吸引部をゆっくりと動かし、目安としては、1畳あたり30秒以上かけ、週に2回以上行うことが望ましいです。フローリングなどのほこりの立ちやすい場所は、拭き掃除の後に掃除機をかけるといいです。

  • 定期的に布団を干す

布団は週に2回以上干すのが望ましいですが、難しければ室内干しやふとん乾燥機で布団の湿気を減らし、週1回以上、掃除機をかけましょう。

ペット対策

できれば屋外で飼い、寝室に入れないことが望ましく、さらにペットとペットの飼育環境を清潔に保つことが大切です。

また、通気を良くし掃除を励行しましょう。床にカーペットを敷いている場合は、フローリングにするのも良いでしょう。

フローリングなどのほこりの立ちやすい場所は、拭き掃除をした後に掃除機をかけることが大切です。

名駅ファミリアクリニックでの診療の流れについて

ここではアレルギー性鼻炎が疑われる方への実際の診療の流れについてお伝えしていきます。

既に花粉症と診断を受けていて、毎年同じ時期に同じ期間(開花の期間中)症状が出る方であり、効果的な治療薬が既にわかっている方であれば、花粉症としてそのまま治療していく場合が多いです。

ただし、必要があればアレルギー検査をしてアレルゲンを特定する場合もあります。

そうではなく、鼻水やくしゃみ、鼻詰まりなどが、アレルギー性鼻炎の症状なのか、それ以外の原因によるのかわからない方であれば、患者様のお話を詳細にお聴きし、検査を行った上で治療していく、という場合もあります。

特に多いのが、風邪なのか花粉症なのかわからない、という方です。そのような方には、次のような点に注意してお聴きしていきます。

かぜと共通の症状

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻閉

アレルギーっぽい症状

  • 発熱がない(37.5℃未満)
  • 鼻がムズムズする
  • 目のかゆみやゴロつき
  • 鼻水が数日たってもサラサラ

かぜっぽい症状

  • 発熱がある(37.5℃以上)
  • 鼻水は最初の数日はサラサラだが、次第に粘っこくなり、1~2週で治る。

このように病気の経過をお聴きし、アレルギー性鼻炎が疑われる方には、必要に応じて検査を行っていきます。

具体的には、鼻水の中に好酸球というアレルギーに関与する細胞がいるかどうかをチェックする、鼻汁好酸球検査というものを行ったり、アレルギーの採血(血清特異的IgE抗体検査)というアレルゲンを調べる検査を行う場合もあります。

アレルギーの採血は結果が出るまで数日かかる場合がありますが、イムノキャップラピッド®といって、少量の血液のみ採取し、約20分で8項目(ダニ、スギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、イヌ、ネコ、ゴキブリ)のアレルゲンをチェックできるものもあります。

以上のように、問診や検査などを行い、アレルギー性鼻炎が疑われる方には、症状の重症度に応じて治療薬を選択していきます。

治療薬としては、症状の重症度に応じて、抗ヒスタミン薬、鼻噴霧用ステロイド薬、ロイコトリエン受容体拮抗薬など使用していきます。

治療開始した後、1~2週間の治療経過をみながら、再診時に症状の具合を確認したり治療の見直しを行ったりしていき、その方に最も合った治療を見つけていきます。

参考文献
鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会作成.鼻アレルギー診療ガイドライン改訂第8版,ライフ・サイエンス,2015
海老澤元宏他監修.食物アレルギー診療ガイドライン2016,協和企画,2016
岡田正人著.レジデントのためのアレルギー疾患診療マニュアル,医学書院,2014

筆者プロフィール

院長:田島光浩

平成19年 信州大学医学部卒業卒後臨床研修の後、平成21年より名古屋大学総合診療科後期研修プログラム(日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医後期研修認定プログラム)にて後期研修を行う。 その間、名古屋大学総合診療科、愛知県がんセンター愛知病院緩和ケア内科、名古屋掖済会病院小児科、名古屋医療センター総合内科などで勤務。平成25年日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医・指導医取得。

PAGE TOP